So-net無料ブログ作成

ブラームスの交響曲第1番 [クラシック]



ケースから丁寧にCDを取り出し、デッキにセットする。
スピーカーから緊張感に満ちたドラマティックな音楽が響きだす。

ブラームスの交響曲第1番ハ短調

cat0102-066_m.jpg
ブラームスは彼の最初の交響曲を完成させるのに実に21年もの歳月を費やしている。
ブラームスは「石橋を叩いて」も渡らないほど慎重な性格の持ち主だった。
そして、ベートーベンに並々ならぬ畏敬の念を抱いていた音楽家だった。
もちろん、ブラームスは交響曲を作曲するにあたってベートーベンを意識した。しすぎるぐらいにしたのであろう。
交響曲を書くならば、ベートーベンに勝るとも劣らぬものを書き上げなければならない。ブラームスはそう意識したに違いない。


初演は大成功を収めた。名指揮者のハンス・フォン・ビューローをして
「ベートーベンの十番目の交響曲である」と言わしめた。


この曲を聴いているとおいしいコーヒーが飲みたくなる。
もちろん、そんなことは初めから分かっているから、
コーヒーを用意してから、音楽を聴き始めるのだけれど。
好きな音楽を聴きながら、おいしいコーヒーを飲むのもまた、至福の時ですね。



パパねこのやすらぎクラシック もよろしくね
http://yashuragi-classic.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。